リカのパリ滞在記

パリ近郊在住のリカです。フランス人の夫を持つ主婦のフランス滞在記。ブログを通じてとっておきの耳寄り情報などを発信していきたいと思います。

サント・シャペル

こんにちは。
先日、パリのシャント・シャペルに行ってきました。

シテ島に位置するサント・シャペル。
敬虔なカトリック教徒であった聖王ルイの命でおそらく1242年から1248年ごろの間に建設されました。
聖王ルイは聖遺物の収集家であり、コンスタンチノープル皇帝から大金を払って購入したキリストのイバラの冠等を納めるためにこのシャペルを建設したのです。

こちら外観。
ゴシック様式の建設です。
P1240316_convert_20180219181547.jpg

中に入ると一階には聖王ルイの像があります。
P1240319_convert_20180219180036.jpg


2階に階段を使って上がっていき、礼拝堂に出ると、息をのむほど美しいステンドグラスが眼前に広がります。
P1240320_convert_20180219175606.jpg

壁部のほとんどがステンドグラスでできており、石の部分はあまりありません。
多くのステンドグラスを使いながらも建物の重さに耐えうるように作り上げたこの技術には今でも目を見張るものがあります。
P1240328_convert_20180219180136.jpg

当時まだ印刷技術がなかったため、聖書は聖職者等ごく一部の人しか手にとることはできず、当時ゴシック建築の教会のステンドグラスには聖書に記載された場面が絵として描かれていました。
P1240335_convert_20180219180207.jpg

こうした美しいステンドグラスを鑑賞しながら祭壇の方へと進みます。
そして・・・
後ろを振り返ると大きなバラ窓が・・・
P1240322_convert_20180219180105.jpg

こちら、バラ窓の細部。
P1240332_convert_20180219181136.jpg


残念ながらこの日はずっと曇り空で、こうしてステンドグラスを眺めることしかできませんでしたが・・・
晴れた日にはステンドグラスを通して太陽の光が礼拝堂に降り注いできて、その美しさには心を洗われます。
まるでこの現世にいるのではないような不思議な感覚を覚えます。
その美しさはカトリック信者ではなくても心を打たれるものがあります。

サント・シャペルは1991年のユネスコの世界文化遺産として登録されています。

  • Comment:6
  • Trackback:0

バレンタイン!

こんにちは。

2月14日のバレンタイン、皆さんどのように過ごされましたか?
私は普通にお家ご飯。
でもせっかくなのでワインを1本開けました。
買い置きしてあったボトル「サン・タムール」。
ずばり訳すと「聖なる愛」。
ボジョレー地方のワインでネーミングが気に入って一時たまに買っていました。

いい年したおじさんとおばさんが二人で自宅でこんなワインをのむのは全く絵になりませんが、こういうことを平気でできるのがフランスのよいところでもあります。
P1000368_convert_20180217173608.jpg

ケースで買っていたのですが、ついに最後の一本だったようです。
機会があったら買い足さないと・・・

ご飯は普通の料理だったので写真なし。

チーズはクロミエという白カビチーズを頂きました。
P1000369_convert_20180217173705.jpg


デザートは近所のパン屋さんで買ったバレンタインケーキ。
フランボワーズムースとカラメル・チョコラのムースがクッキー生地にのっています。
P1000377_convert_20180217173446.jpg


平日は子供もいなくて寂しいですが、のんびり二人でケーキを頂きました~。

シテ島の花のマルシェ

こんにちは。
やっと雪も解けてきました。

今日はパリのシテ島にある花のマルシェをご紹介します。
ノートルダム寺院からすぐ近くに位置するマルシェ。
毎日8時から19時半まで営業。
日曜日にはここに小鳥市も立ちます。

パリの花屋さん、ディスプレイが素敵で大好きです。
P1240343_convert_20180212194803.jpg

じょうろをデコレーションに使っているの、可愛いですね。
P1240342_convert_20180212194934.jpg

今はまだ寒いけれど、暖かくなったらお庭にテーブルを出してお茶をしたいです。
P1240341_convert_20180212195036.jpg

↓小鳥のえさ箱もかわいいですね。
P1240339_convert_20180212195138.jpg

今は冬で花や植え木の種類も少なめですが春になったらもっと賑やかになりますよ~。


マリウス ファーブル

こんにちは。
南仏マルセイユで伝統手工に沿って生産されるマルセイユ石鹸は近年、注目を浴びています。
自然素材のみを使った肌に優しい石鹸。
アトピーの方でも大丈夫とのことです。

マルセイユ石鹸の歴史は非常に古く、1000年ほど前から製造されているそう・・・
しかし、マルセイユ石鹸を名乗る偽物が出回るようになり、ルイ14世は石鹸の製法を定める王令を出し、これに沿って製造された石鹸のみが「マルセイユ石鹸」の名を名乗ることができるようになりました。
現在のAOC(原産地呼称統制制度)のようなものですね。

私はもともと石鹸派。
旅先でも良さそうな石鹸があるとついつい買い込み私。
このところ、石鹸の在庫が手薄になってきているのでどこかで石鹸を買ってこないと・・・と思っていたところ・・・
マルセイユ石鹸で有名な老舗マリウス・ファーブルのパリ店がマレ地区にオープンしました。
マリウス・ファーブル社は伝統的な製造法で今もマルセイユ石鹸を作り続ける数少ない会社の一つ。
早速マレ地区に石鹸を買いに行きました。

シックな外観。


素朴な石鹸がずらりと並んでいます。


自分で切って使う大きな石鹸もあります。


キッチンなどにおいておくと便利なリキッドタイプのソープもあります。


このほか、フレグランス入りのリキッドソープや、オリーブオイル入りコスメ等もあります。
マルセイユに行かなくても石鹸が手に入るのはうれしいです。
マリウス・ファーブルHP



パリで積雪~!

こんにちは。
セーヌ川の洪水がやっとピークを超えてはいますが、まだまだ浸水したままの住宅地が多いというのに・・・
今度は寒波がやってきて大雪となっています。

積雪は珍しいパリ地区でも昨日から雪が降って・・・
交通網はパニック状態。

幸い私は昨日は積雪がひどくなる前に帰宅できましたが、主人は渋滞に巻き込まれ4時間掛かりました・・・

私の今日の予定はすべてキャンセル。
主人も今日は在宅勤務です。

これだけ積もるのも珍しいので写真を撮ってみました。
リビングからの眺めです。
P1000228_convert_20180207182318.jpg

P1000233_convert_20180207182414.jpg

P1000235_convert_20180207182506.jpg

P1000237_convert_20180207182559.jpg

P1000238_convert_20180207182646.jpg

↓さくらんぼの木の枝にもすごい雪が・・・
P1000240_convert_20180207182739.jpg

冬の間、庭の木に野鳥のえさを入れた小さな木箱を吊るしておくのですが・・・
えさ箱に小さな鳥の足跡がついています。
↓小鳥さん達、寒いでしょうね。
P1000252_convert_20180207182843.jpg

バルコニーの椿が少し膨らみかけているのですが・・・
↓うっすら雪が掛かっていて可愛いです。
P1000257_convert_20180207182940.jpg

P1000262_convert_20180207182159.jpg