fc2ブログ

リカのパリ滞在記

パリ近郊在住のリカです。フランス人の夫を持つ主婦のフランス滞在記。ブログを通じてとっておきの耳寄り情報などを発信していきたいと思います。

2023年8月クレタ島3日目⑤

こんにちは。

2023年8月、クレタ島旅行、レポ続きです。

レティムノでランチを食べて旧市街の散策をした後はレンタカーで移動を続けます。
海岸線を走り続けて着いたのはハニアの街。


ハニアはクレタ島の西側にある主要都市。
イラクリオン同様、エーゲ海に面していて古くから港町として栄えてきました。
ヴェネチア統治時代、オスマン支配時代の名残を残す建物が多く、エキゾチックな街です。

まずはホテルにチェックイン。
旧市街からほど近く、大通りから少し奥に入ったところで静かでした。


↓お部屋
IMG_6403_convert_20230920162429.jpg

早速ハニア旧市街の散策をしてみましょう。
↓スークのような感じで、お土産屋さんが並んでいます。
IMG_6406b_convert_20230920162502.jpg

レストランが並ぶ通りもあります。
IMG_6407b_convert_20230920162540.jpg

↓オスマン支配時代の名残でしょう。
ミナレットが残っていますが、今はギリシャ正教の教会、聖ニコラオス教会。
もともとはローマカトリックの教会だったものが、オスマン支配下でモスクに改装されましたが、1918年にギリシャ正教の教会となりました。
IMG_6413_convert_20230920162718.jpg

↓港にはヴェネチア統治時代のものと思われる倉庫が並んでいます。
IMG_6409_convert_20230920162611.jpg

日が沈みかけて、黄昏時となってきました。
港にはヨットがたくさん停泊していて、港に面してカフェやレストランがたくさん並んでいて、にぎやかな街です。
IMG_6411_convert_20230920162644.jpg

2023年8月クレタ島3日目④

こんにちは。

2023年8月、クレタ島旅行続きです。

レティムノの旧市街でランチを頂いた後は、街をちょっと散策してみましょう。
↓街には細い道が張り巡らされていて、ちょっと迷路にでも迷い込んだ感じです。
IMG_6392_convert_20230920012531.jpg

↓路地にはおしゃれなレストランがたくさん並んでいます。
どのお店も素敵ですね~。
IMG_6393_convert_20230920012601.jpg

ヨーロッパの街でよくみられる光景ですが、旧市街に入るところには門があります。
かつて、街が城壁で囲まれていて、城壁にある門を通ってしか街に入れなかった時代の名残です。
↓1540年から1580年の間に造られた大門です。
IMG_6398_convert_20230920012630.jpg



↓15世紀に建設された教会が1657年にトルコ人によってモスクに改装されました。
ミナレットがオスマン統治時代を思い起こさせます。
IMG_6399_convert_20230920012700.jpg

↓リモンディ噴水。
ヴェネチア統治時代の1629年に造られた噴水です。
コリント式柱に挟まれたサン・マルコを象徴するライオンの口から水が出ています。
IMG_6401_convert_20230920012725.jpg



レティムノ、お昼過ぎで暑さもピークだったため、一部をざっと散策したのみです。
おしゃれなブティックもありそうな雰囲気でした。
機会があったらもっとゆっくり散策してみたいです。

2023年8月クレタ島3日目③

こんにちは。

2023年8月、クレタ島旅行の続きです。

アルカディ修道院を見学した後は、車で西へと進みます。
お昼になったのでランチタイムとしましょう。

ランチ休憩のためにとまった街はレティムノ。
ヴェネチア統治時代の面影が残り、クレタ島で一番美しい街と言われています。
港のすぐ横の駐車場に車を停めます。


旧市街を散策しながらレストランを探します。
前もって調べて、目星を付けておいたレストランが数軒ありました。
その中の1軒、To Pigadi。


↓レストラン入り口付近。
IMG_6384_convert_20230919234752.jpg

幸い、空席があったのですぐにテーブルにつけました。
お庭にもこんなに素敵なテーブルがあります。
IMG_6386_convert_20230919234823.jpg

私達は通りのテラス席。
IMG_6387_convert_20230919234857.jpg

まずはお野菜をたっぷりとるため、クレタ風サラダ。
毎日似たようなサラダを食べてますが、お野菜自体がおいしいので飽きません。
そして、チーズが濃厚でおいしいことと言ったら!
IMG_6388_convert_20230919234928.jpg

↓私はさっぱり食べたかったのでナスとトマトソースのパスタ。
IMG_6389_convert_20230919235002.jpg

↓主人はがっつりお肉の煮込み系です。
IMG_6390_convert_20230919235039.jpg

雰囲気もよく、お料理もおいしくいただきました。

デザートは注文しなかったのですが、お会計のときにサービスでシンプルなシフォンケーキにいたものが供されました。
ごちそうさまでした。

2023年8月クレタ島3日目②

こんにちは。

2023年8月、クレタ島旅行の続きです。

歴史博物館を見学した後は、街を散策しながらホテルに戻って荷物を引き取ります。
そしてレンタカーで移動。
イラクリオンで2泊した後は島の東へ行ってみます。

クレタ島の道は海岸線を通る道も結構あって、景色も楽しめます。
IMG_6354_convert_20230919231506.jpg

途中、ガイドブックに出ていたアルカディ修道院に寄ります。


今でこそクレタ島はビーチリゾートで有名なヴァカンス島ですが、地中海の要所に位置しているため、古くから地中海沿岸の国がクレタ島の覇権を争ってきました。
長くヴェネチアの統治下だったクレタ島ですが、1669年にオスマン帝国の手に落ちます。
しかし、その後もキリスト教徒によるオスマン帝国に対する蜂起は続きます。

キリスト教徒は修道院を拠点に蜂起を繰り返していました。
特にこのアルカディ修道院は島の中心にあり、戦略的にも要所となっていたため、反乱軍の拠点となっていました。
1866年、大規模な反乱がおき、この修道院には反乱軍と周辺に住む非武装の婦女子が立てこもりました。
しかし、オスマン軍に包囲され、降伏よりも自決を選んだ住民たちは、火薬庫に火をつけ、集団自決をしたのです。

このような悲しい過去のある修道院ですが、外観はとても美しいです。
IMG_6356_convert_20230919231538.jpg

庭もきれいな花が植えられていて、手入れも行き届いています。
IMG_6357_convert_20230919231608.jpg

左側には独房が並んでいて、中庭に面した廊下があります。
IMG_6373_convert_20230919231642.jpg

↓昔の修道僧の生活を垣間見ることができます。
IMG_6374_convert_20230919231714.jpg

教会の中にはかなり古そうなイコンが掲げられていました。
IMG_6378_convert_20230919231745.jpg

今まであまり知らなかったクレタ島の暗い過去に触れて、心が痛みました。

2023年8月クレタ島3日目①

こんにちは。

2023年8月、クレタ島旅行、続きです。

クレタ島2泊目朝。
ホテルで朝食を頂きます。

フランス人の普段の朝食はかなりシンプル。
私もトーストに紅茶だけ。

ホテルでいただく朝食は旅行の楽しみの一つ・
朝から目玉焼きを頂きました。
目玉焼きなんて、何年ぶりかしら。
IMG_6308_convert_20230913221053.jpg

朝食の後はチェックアウトをして荷物をホテルに預けます。
朝一で向かった先は昨日の夕方閉館で入れなかったところ。
クレタ島歴史博物館です。


↓歴史博物館外観。
IMG_6310_convert_20230913221127.jpg

クレタ島のヴェネチア統治時代の模型がありました。
昨日見た要塞や、倉庫が模型ではよく見えますね。
IMG_6314_convert_20230913221200.jpg

↓昨日要塞で見たアンフォラによく似ていますね。
IMG_6318_convert_20230913221236.jpg

↓ヴェネチア統治時代にイタリアから輸入された磁器。
IMG_6319_convert_20230913221309.jpg

↓同じくヴェネチア統治時代のクレタ産の磁器。
IMG_6320_convert_20230913221345.jpg

↓ヴェネチアの象徴であるライオンの像が彫られた17世紀の街の城壁にあった彫刻。
IMG_6326_convert_20230913221419.jpg

写真が多いので続きます。