fc2ブログ

リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

コスタリカ旅行11日目

こんにちは。
コスタリカ旅行のレポが残っていました。
忘れてました。汗
今回が最終となります。

コスタリカ、パパガヨのビーチリゾート2泊目朝。
いつものようにバカンス中は目が早く覚める私。
身支度を整えて、早めに朝食のレストランに向かいます。
しっかり、望遠レンズ付きカメラを持って出ます。
コスタリカではホテル内の敷地でも、いろいろな動物さんに出会えるのです。
シャッターチャンスを逃さないためにもいつもカメラは持参します。

ビュッフェレストランに向かいながらのんびり歩いていると・・・
反対側から歩道を歩いてくるのは・・・
なんとホエザル君!
心の中で「きゃ~、写真撮りたい!でも、逃げられたらどうしよう・・・」と叫びながら、そっとカメラを取り出して撮影。
ホエザル君はそんな私の心配もよそに、のっそのっそと歩いていきます。
P1170258_convert_20200612221505.jpg

逃げられるかなと心配しながら、そっと後を追います。
ホエザル君はしばらく歩き進んだ後、近くの木に登って花のつぼみを食べ始めました。
私たちが写真を撮りまくっていても、まったく気にする様子もありません。
P1170291_convert_20200612221359.jpg

しばらくホエザル君を眺めた後は朝食に行きました。
窓際で景色が良いテーブルについて、まずはフルーツをたっぷりいただきます。



↓ビュッフェコーナー。
かわいくておいしそうなパンもたくさんあって、魅惑されます。



↓結構な大きさのパンでしたが、あまりにおいしそうなので誘惑に負けました。



部屋に帰る途中、雨どいから顔を出しているイグアナ君発見。
なんだか、ゴソゴソ動こうとするんですが、移動せず。
もしかしたら、屋根と雨どいの間に挟まって出られなくなったのかも・・・汗
P1170302_convert_20200612221316.jpg

午前中はグループのみんなとビーチでまったり。
海水もぬるくって気持ちがいい・・・



しばらくビーチを楽しんだ後は部屋でシャワーを浴びて荷物を整えます。
荷物をグループのバスまで運んで、チェックアウトを済ませて、メインレストランでビュッフェランチを頂きました。
ランチ後はバーでドリンク休憩。
P1170320_convert_20200612221225.jpg

赤ちゃんのイグアナ君があいさつに来てくれました。
P1170323_convert_20200612221141.jpg

この後、バスで揺られること4時間以上。
空港に着いた頃にはぐったり。
そして12時間のフライト。
長距離フライトが控えているときは最終日は空港のちかくに滞在の方が楽ですね。

今回、珍しくガイドさん付きのグループ旅行でした。
コスタリカは公共交通網が良くないので、車は必須。
自然が売り物のコスタリカですが、慣れていないとどこに何がいるのか全く見えません。
特に国立公園など珍しい動物を探すときはガイドさんも必須です。

コロナ蔓延の直前の旅行、いいときに行ったなと思います。
海外(EU外)に自由に旅行ができる日が早くやってくることを願いつつ、コスタリカレポを終わらせていただきます。
お付き合いありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 8

M@lauaealoha  

こんにちわ

ホエザルくん、つぶらな瞳がカワイイですね!
赤ちゃんイグアナを見られるというのもレアな体験ですよねー。
海外旅行に行かれる日が早く来るといいんですが…
今はその日を夢見ながら予防と自衛に努めます。
楽しいレポをありがとうございました♪

2020/07/04 (Sat) 03:08 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

動物を見ると思わずおっかけたくなります
人にも慣れてそうで、かわいい笑顔を振りまくホエザルくん、木に登って陽気に遊んでる姿もいいですね
イグアナくんも現れるとうれしいですね
良いガイドさんにもめぐまれ、動物たちや自然との触れ合いを楽しめるコスタリカ、非日常を体験できて、癒されたことでしょう
あの時はコロナで大変だったね・・・と笑える日が一日も早く来るといいですね

2020/07/04 (Sat) 08:15 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
こんにちは。
コスタリカに行ってるときは1か月もしないうちに外出禁止令が出るなんて想像すらしてませんでした。
近年、「思いだったが吉日」を実感します。
限りある人生、思い切って行動することも大事ですよね。
東京、感染者数がまた増えているようですね。
どうかくれぐれもご注意ください。

2020/07/04 (Sat) 14:22 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

Yottittiさま
こんにちは。
コロナの直前に旅行に行けてよかったです。
いったいこのコロナ、いつまで続くんでしょうね。
規制解除後も感染者が増えて再規制しているところもあるみたいだし・・・
かといって、このまま自粛生活が続くと経済が破綻しそう・・・
目立った危険がないところでは自衛しながら経済活動を進めていかなくてゃいけませんね。

2020/07/04 (Sat) 14:25 | EDIT | REPLY |   

Bきゅう  

長距離フライト

そうなんですよね。長距離は深夜便で寝られそうなやつでも、起きている時間が長くなると、腰が圧迫されてきついですう。ベッドから出て、ベッドに入るまでの時間が24時間以内にしたいですう。コロナさん、うちはレストラン再び閉鎖ですう。

2020/07/04 (Sat) 14:54 | EDIT | REPLY |   

montresor2007  

こんにちは。

コロナ蔓延の前に行けて本当に良かったですね。
私の周囲でも旅行や 娘の周囲では留学が全部駄目になっていて 就活に有利になるかと
留学を決心していた子なんかは とても気の毒です。
娘もアメリカ留学タイミングが悪いと行けてなかったので本当に良かったです 今となれば。

コスタリカ 動物が身近で見れるのか魅力ですね!
可愛いです 癒されますね 大自然の中での宿泊も 日常を忘れられそうでいいなと思いました。

2020/07/05 (Sun) 10:03 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: 長距離フライト

Bきゅうさま
こんにちは。
おっしゃる通り、ベッドから出てベッドに入るまでの時間は24時間以内にしたいですよね。
出発前はあまり深く考えていなかったのですが、12時間フライトの前の長時間バスは大変でした。
いくら夜のフライトとはいえ、機内では寝られないので疲れました~。
アメリカも再度レストラン閉鎖や外出自粛が奨励されているようなので大変ですね・・・

2020/07/06 (Mon) 10:05 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

montresorさま
こんにちは。
留学を計画していた学生さんは大変なようですね。
子供の学校は6か月海外への留学、または海外でのインターンシップが卒業に必須なのですが、今学期留学を予定していた人は、卒業が1年遅れるようです。汗
お嬢様、早い時期に行かれて正解でしたね。

コスタリカはのんびりした国で動物がたくさん楽しめてよかったです。

2020/07/06 (Mon) 10:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply