fc2ブログ

リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

グラン・カナリア島2日目②

こんにちは。

秋休みのグラン・カナリア島、続きです。

量・質ともに申し分のない素晴らしい朝食を頂いた後は、お部屋で身支度。
荷物をまとめて、チェックアウトです。

↓ロービー横にあるバー。
このバーは利用する暇もなかったです。
もしもまたこのホテルに来る機会があったら、次回はもう少しゆっくり連泊したいです。
IMG_9233_convert_20211123173213.jpg

きれいに手入れの行き届いたお庭に囲まれたこのホテル。
とても気に入りました。
名残惜しいけれど、車に乗って、次の行き先を目指します。
まずは、ラス・パルマス旧市街観光。
ラス・パルマスはグラン・カナリア島の主都。
旧市街の駐車場をGPSに入れて、レッツ・ゴー。
ところが、旧市街は歩行者のみの道路や、タクシーしか入れない道もあり、ぐるぐる回っても駐車場に行けません。
結局、路上で開いているスペースがあり、路上駐車しました。

旧市街は植民地時代の雰囲気を残していて、南国ムードたっぷり。
寒いパリを脱出して、南の島に来たという実感がわき、テンション上がります。


大聖堂の裏のほうへ進んで、お目当ての場所を発見。
↓コロンブスの家!
IMG_9240_convert_20211123175350.jpg

1492年、コロンブスは伝説の国ジパングを目指してスペインを出発しました。
途中、壊れた船を直したり、食物を調達するため、カナリア諸島に寄りました。
船を修理する間住んでいたというのが、このコロンブスの家なのです。

コロナで入場者数制限があるので、少しだけ待って中へ入りました。
建物は小さな中庭を囲む形になっています。
↓中庭
IMG_9242_convert_20211123173124.jpg

最初の展示室は、船の内部の一部を再現した等身大模型になっています。
↓コロンブスのキャビン
IMG_9244_convert_20211123173056.jpg

コロンブスの航海はスペインのカトリック両王から資金援助を受けていました。
カトリック両王の肖像画とともに、コロンブスの肖像画もあります。
IMG_9247_convert_20211123173029.jpg

実際に船に掲げられていたという旗。
IMG_9248_convert_20211123173004.jpg

コロンブス、西インド諸島に行ったのは、一度のみかと思っていたら3回行ったそうです。
航海日誌も展示されていました。
IMG_9249_convert_20211123172937.jpg

コロンブスが持ち帰った中米の遺跡出土品。
マヤ文明のものなど、長期にわたる出土品がたくさん展示されています。
IMG_9267_convert_20211123172848.jpg
IMG_9268_convert_20211123172913.jpg

中庭にはなんと2羽のオウムが放し飼いにされていて、異国ムードたっぷりです。
P1220040_convert_20211123172825.jpg

オウム、よく逃げて行かないなと思ったら、建物の屋根から中庭の上部に網が張ってあって、飛んで逃げられないようにしてありました。


関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

M@lauaealoha  

こんにちは

カナリア諸島の旅、もうチェックアウト!?と思ったら
まだ続きがあるようでホッとしました(笑)
コロンブスの新大陸発見が1492年ってことは15世紀…
日本では応仁の乱の頃に大西洋横断できたって偉業だなぁとしみじみ感じます。

2022/05/24 (Tue) 02:13 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

コロンブスの博物館、それは絶対に見逃せませんね
船の内部を再現したベッドの展示など、航海をイメージで来てわくわくしちゃいます
何より、実際の旗が残ってるなんて感慨深いです
当時は遠い離れた国の文化を持ち帰り広めた功績はすごいです
きれいなオウムもいて、ほのぼのですね

2022/05/25 (Wed) 11:08 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
こんにちは。
カナリア諸島、まだ少し続きます。
ご安心ください。笑
ヨーロッパの大航海時代、すごいですよね。
今から考えると、よくもまあ、船を出したなと思います。
事故も多かったでしょうね・・・

2022/05/28 (Sat) 07:56 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

Yottittiさま
こんにちは。
小学校のころ、偉人伝でコロンブスも読んだと思いますが・・・
今になって、こうしてコロンブスを身近に感じられるのは感慨深いです。
過去のこうした偉人たちの功績が積み重ねられて、現代があるのですよね。
今は、飛行機で遠くまで行けますが、昔は大変だったでしょうね。
コロンブスの時代に実際つかられていた旗や航海日誌が残っているのは感動的です。

2022/05/28 (Sat) 07:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply