fc2ブログ

リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

2022年夏東地中海クルーズ6日目②

こんにちは。


ちょっと早めの夏休み、本篇「東地中海クルーズ」レポ続きです。
今回の旅行は、歴史的遺跡などをいろいろ回ります。
古代遺跡は破損が進んでいるため、予備知識がないと楽しめません。
私は前もって、塩野七生さんの歴史小説やガイドブック、解説本などを読んでおきました。
また、現地では、帰国後ゆっくり読めるようにそれぞれの遺跡の解説本も買いました。
今回のレポは自分で見たところを、こうした書籍などを参考に、自分の旅行記録としてまとめています。
ちょっとマニアックな内容になるかもしれません。
ご興味がない方はスルーしてください。


リンドスはホメロスの叙情詩イリアスにも登場する古代3大都市のうちの一つ。
ホメロスによるとリンドスは紀元前7世紀ごろドーリア人によって造られた街だそう。

リンドスの丘の上には、地形を利用して造られた要塞があり、これもローマ帝国、ビザンチン帝国、聖ヨハネ騎士団、オスマン帝国といろいろな国が増築、改築を繰り返して利用してきており、考古学的解釈が難しくなっているとのこと。

白い街中を通り過ぎて、坂道を登ってやっとたどり着いたリンドスのアクロポリス。
入り口で入場料を払って入ってすぐのところに、岩壁にガレー船の彫刻があります。
これは、「サモトラケのニケ像」を作ったピトクリトスの作と言われています。
IMG_1306_convert_20220722183100.jpg

さて、ガレー船の彫刻を見た後は、いよいよ階段を登って騎士団のお城を目指しましょう。
IMG_1307_convert_20220722183311.jpg

ここで、ちょっとロードス島と騎士団について復習しましょう。
中世にヨーロッパのカトリック各国は聖地エルサレムをイスラム教徒から奪回すべく、十字軍遠征をおこないました。
11世紀から始まった遠征によって一時期、エルサレムを占領したこともありましたが、1291年にパレスチナの拠点を失って聖ヨハネ騎士団は当時ビザンチン帝国領内であったロードス島を占領します。
その後、1522年のオスマン帝国によるロードス島包囲戦に敗れるまで、聖ヨハネ騎士団はロードス島を拠点として活動を続けます。
このロードス島包囲戦については、塩野七生さんの「ロードス島攻防記」に詳しく描かれています。

この塩野七生さんの本はずいぶん昔に買って持っていたのですが、今回クルーズ前に再読して復習しておきました。

十字軍のお城を抜けると、そこに広がるのは遺跡の数々。
↓紀元前300年ごろ建設のアテナ・リンディアのドーリス式神殿。
IMG_1311_convert_20220722183033.jpg

リンドスの遺跡は景色が素晴らしいことでも有名。
眼下にはこんな景色が広がります。
IMG_1313_convert_20220722183001.jpg

紀元前300年ごろ建設のヘレニズム期の柱廊。
IMG_1328_convert_20220722182841.jpg

プロピュレイア
IMG_1331_convert_20220722182815.jpg

奥の方まで観たので、出口を探して、来た道を戻ります。
↓ヘレニズム期の柱廊を逆方向から見たところ。
P1240803_convert_20220722182935.jpg

青い空に白い支柱が映えます。
P1240805_convert_20220722182907.jpg

炎天下の中、階段がきつい。
P1240818_convert_20220722182744.jpg

↓十字軍の紋章が刻まれた壁。
P1240824_convert_20220722183144.jpg

このアクロポリス、高い絶壁の上にあるので、眼下には美しい海が見えます。
澄んだ海にまるで船が浮いているかのように見えます。
ちょっとズームしたので画質が悪いです・・・
P1240826_convert_20220722183220.jpg

このような断崖絶壁に古代ギリシャ時代の神殿跡が残っていたり、中世の十字軍のお城が残っていたりと、リンドスの遺跡は複雑な歴史の跡を残しています。
美しい景色を見ながら、オスマン帝国に敗れた騎士団の憂愁を感じます。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

Yottitti  

立派なお城に神殿跡があり、壮大な街だったことがわかり、歴史を感じられるところですね
ガレー船の彫刻がピトクリトスがつくったというのは興味深く、絶対に見逃せませんね
海の入り江など、青い海が美しく素晴らしい眺めにうっとりします
物語になったところを訪れると、俄然理解が深まりますね

2022/11/23 (Wed) 11:09 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちは

遺跡と海と空、なんと素晴らしい光景でしょう!
何時間眺めていても飽きなさそう…
美しい柱が並ぶ遺跡、見事な彫刻…実際に見てみたいです!!!

2022/11/24 (Thu) 03:04 | EDIT | REPLY |   

Bきゅう  

透明な海〜

リンドス、きれいなところですね。特に、こう寒くなってから、暖かそうな地中海のお写真を拝見すると、行ってみたい度が高いですう。地中海沿岸だと、ハリケーンや台風などのストーム系は少ないのでしょうか(地震はありますよね)。いまだに柱廊が残っているのには感動しますう。

2022/11/24 (Thu) 09:23 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

Yottittiさま
こんにちは。
まず景色が素晴らしくて感動しますが、遺跡がこんなところにあるのにまたびっくりですよね。
歴史の舞台に自分も立っているという実感がわいて、感動です。
古くからの歴史の流れも感じられてすごいです。
サモトラケのニケの作者の彫刻に出会えたのもうれしいです。

2022/11/25 (Fri) 16:30 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
こんにちは。
北ヨーロッパは冬が長く、日照時間も短いので、夏はやはり太陽がさんさんと輝く地中海に行きたくなります。
なかでも、ギリシャは夏らしいビーチリゾートもあるし、歴史的な遺跡もあるので、私にとって理想的な夏休みを過ごすことができます。
美しい海辺の風景にうっとりしながら、歴史的遺跡を見て回る。
私にとっては至極の時間です。

2022/11/25 (Fri) 16:32 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: 透明な海〜

Bきゅうさま
こんにちは。
Bきゅうさんも北のほうの冬が長い地方にお住みでしょうか。
日照時間が短いと、太陽が恋しくなりますよね。
こちらもすっかり寒くなりました。
今、こうしてギリシャの写真を見ると、まるで別世界です。
ああ、早くまた夏に地中海沿岸に行きたい・・・

2022/11/25 (Fri) 16:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply