fc2ブログ

リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

2022年夏東地中海クルーズ6日目④

こんにちは。


ちょっと早めの夏休み、本篇「東地中海クルーズ」レポ続きです。
今回の旅行は、歴史的遺跡などをいろいろ回ります。
古代遺跡は破損が進んでいるため、予備知識がないと楽しめません。
私は前もって、塩野七生さんの歴史小説やガイドブック、解説本などを読んでおきました。
また、現地では、帰国後ゆっくり読めるようにそれぞれの遺跡の解説本も買いました。
今回のレポは自分で見たところを、こうした書籍などを参考に、自分の旅行記録としてまとめています。
ちょっとマニアックな内容になるかもしれません。
ご興味がない方はスルーしてください。


クルーズ社手配のリンドス往復バスでロードス・シティの港に戻ってきました。
港は旧市街すぐ横にあり、歩いて旧市街にも行けて便利です。
港からはクルーズ船と旧市街の城壁が見えます。
クルーズ船と世界遺産登録の建造物が一緒にカメラに収まるというのも珍しいですよね。
P1240896_convert_20220725022651.jpg

お昼ご飯は既にリンドスで済ませています。
まだ船に戻る時間まで3時間ぐらいあります。
今日は頑張って、休憩なしで、ロードスの旧市街観光にそのまま出動しましょう。

携帯の地図を頼りに、目的地を目指します。
この城壁はオスマン・トルコがロードス島を攻めてきたとき、ヨハネ騎士団が攻防戦に実際に使ったものです。
若き騎士たちが数か月に及ぶ兵糧攻めの間、この城壁の上に立って市内を守ったそうです。
そんな若き騎士たちの姿が目に浮かびそうです。
IMG_1347_convert_20220725022626.jpg

目指したのはロードス考古学博物館。
建物はすぐにわかったのですが、入り口がわからず、少しぐるぐる回りました・・・
入場料を払ってまずは中庭に入ります。
P1240927_convert_20220725022601.jpg

この建物はヨハネ騎士団が病院として使っていた建物。
今はドデカネス諸島で発掘された出土品が展示されています。
古代から中世のものまでが観られます。

↓病院だった建物の柱装飾。
P1240929_convert_20220725022535.jpg

暑いし、午前は頑張ってリンドスのアクロポリスまで登ってきたからお疲れモード。
まずはお目当ての展示品を目指して、階段を登って2階に行きます。
2階に展示室に、ありました!
↓水浴びをするアフロディーテ。
紀元前1世紀の作品です。
髪を持ち上げるしぐさが何とも美しく、じっと見とれます。
IMG_1360_convert_20220725022747.jpg

他にも作品は多々あったのですが、お疲れモード、マックス状態。
あとはざっと流しました。
建物の作りも複雑で、どこがどうなっているかよく把握できません。
ライオンの像。
IMG_1367_convert_20220725022439.jpg

↓あまりに鮮やかな色のブーゲンビリアが美しく、うっとり。
P1240941_convert_20220725022507.jpg

↓キメラ(怪物)を退治するペガサスに乗ったベレロフォンのモザイク画。
P1240960_convert_20220725022408.jpg

ロードス島はトルコに近いギリシャの島。
ヨーロッパからエルサレムに行くにも通る位置にありますが、トルコからエジプトなど北アフリカに行くにも通る位置にあります。
そのため、ヨーロッパとオスマントルコの間で、何度もこのロードス島の覇権を争う戦いが行われました。
このロードス島を制覇するか否かによって、この一帯の地中海の覇権を持つか否かが左右されたのです。

↓オスマントルコ時代の墓碑。
アラビア語で文字が刻まれています。
P1240972_convert_20220725022342.jpg

聖ヨハネ騎士団はヨーロッパの貴族の子弟たちを集めた軍隊で、団長はいろいろな国から選ばれましたが、多くのフランス人が勤めました。
1522年、オスマントルコ軍に敗れて、聖ヨハネ騎士団はロードス島を去るのですが、その後、拠点がないまま数年過ごし、教皇クレメンス7世と神聖ローマ帝国カール5世の計らいで、マルタ島を拠点にすることになります。
その時の聖ヨハネ騎士団の団長はフランス人のジャン・ド・ラ・ヴァレット。
実はこのラ・ヴァレット団長は、若かりし日にロードス島攻防戦に参戦しており、オスマントルコ帝国に敗れたときにロードス島を去った時の騎士団の生き残りの一人だったのです。
マルタ島の首都は、このラ・ヴァレット団長の名にちなみ、ヴァレッタと呼ばれています。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

Bきゅう  

太田道灌レベル

>ラ・ヴァレット団長の名にちなみ

こういうのはダメだわ。事前に勉強しないとわかりませんよね。太田道灌が江戸城作ったみたいなコアな感じがしますう。

2022/11/30 (Wed) 01:00 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちは

世界遺産の城壁とクルーズ船、手前には海水浴を楽しむ人々がいる風景
これはこれで別な意味の絶景ですねー!
そしていかにクルーズ船が大きいかを実感しました。

西洋史はほんとに苦手だったので、騎士団の歴史などはまったくわからず…
事前にざっとした歴史を学んで行くべきですねー。
理解度がまったく違うことになりそうです。

2022/11/30 (Wed) 02:06 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

旧市街地の城壁とクルーズ船、絵になります
やはり城壁は鉄壁のようで、守りは堅かったでしょうね
見どころの多い博物館、興味をそそられます
ヴァレットって、名前はよく聞くけど、騎士団の団長から来てたとは、記憶に刻みます

2022/11/30 (Wed) 08:20 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: 太田道灌レベル

Bきゅうさま
こんにちは。
うわ、江戸城を造ったのは太田道灌なんですね。
初めて聞きました。汗
私は歴史に興味はあるけれど、記憶力がないのでさっぱりです。
今回の旅行は、遺跡を巡ることが分かっていたので、知識がないと楽しめないと思い、下調べをしておいたのです~。

2022/11/30 (Wed) 09:47 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
こんにちは。
Mさんはきっと日本史を専攻されていたんですね。
私は世界史をとっていたから、日本史はからっきしだめです。
ただでさえ、記憶力がないのに・・・
遺跡は石が転がっているだけなんですが、背景の歴史を知っていると楽しめると思い、今回は旅行前に少し勉強しておきました。
さすが、少しでも歴史を知っていると、見学もがぜん楽しめますよね。

2022/11/30 (Wed) 09:51 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

Yottittiさま
こんにちは。
もう何年も前にマルタ島に行ったことがあるので、さすがにヴァレッタという名の由来などは知っていました。
でも、今回こうしてロードス島に行って、今まで点として知っていた歴史が先で繋がった気がしました。
歴史の舞台を実際に見学できるのはやはり楽しいですね~。
ロードス島の攻防記は読んでいても面白かったです。

2022/11/30 (Wed) 09:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply