fc2ブログ

リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

ヴィトン財団~モネとミッチェル展

こんにちは。

2022年秋、話題になっていたヴィトン財団の「モネとミッチェル展」。
ポスターなどが素敵で気になっていました。
秋休みに主人と行って来ました。

「モネとミッチェル展」
モネは今さらながらご紹介する必要はないですが、ミッチェルって、どんなアーティストだったんだろう?
実は私は、今回、この展示会の宣伝を見て初めて聞きました。

ジョーン・ミッチェル。
アメリカのシカゴで1925年に生まれた女性画家。
30歳でフランスに移住して、ノルマンディーのモネの家の近くに住んで、画家活動をしていたという女性。
モネに感銘を受けたのかと思いきや「モネは好きじゃない。でも晩年のモネは好き。」と本人談。

しかし、モネが自分の絵画について「サンサシオン(感覚)を描こうとしている」と言っていたのに対し、ミッチェルは「フィーリングを描こうとしている」と言っていて、本人は認めたくないかもしれないけれどやはり大きく影響を受けたのではないかと思います。

今回の展示会はそうした二人の作品を一緒に展示して、作品を呼応させてみようという試みらしいです。
モネは印象派として名声をえましたが、晩年は白内障を患い、目に見えるものそのものではなく「感覚」を表現しようとして、抽象画に近いものになっていきました。
そして、晩年のモネはアメリカの抽象画の先駆者とみなされるようになるのです。

実はたまたま、数日前にポンピドゥーセンターへ行ったとき、常設展でミッチェルの絵画を見つけたのがこちら。

IMG_3291_convert_20221110054747.jpg


と、前置きが長くなりましたが・・・
まずはジョーン・ミッチェルの作品コーナーから見学して、ミッチェルがどんな作品を描いていたか、鑑賞します。
大胆な筆遣い、色遣いがかっこいいです。
IMG_3297_convert_20221113070734.jpg

ミッチェルの作品コーナーが終わると、モネとミッチェルの作品を呼応させながら展示してあるスぺースに移ります。
↓こんな感じ。
確かに、モネとミッチェルの作品が混同しながら素敵な空間を作り上げています。
20221026_111141_convert_20221113070513.jpg

↓ミッチェルの2枚パネルから成った作品。
ミッチェルの自宅のアトリエはそんなに大きくなかったので、巨大なカンバスを置くことができなかったそうで、こうして複数のカンバスを並べた作品を多く残しています。
IMG_3306_convert_20221113070705.jpg

↓モネも複数のカンバスを連ねた作品をいくつか描いています。
IMG_3307_convert_20221113070640.jpg

IMG_3309_convert_20221113070543.jpg

↓モネのジベルニーの家の庭。
夕方でしょうか。
赤く染まった庭が描かれています。
こちら、3連作が展示されていました。
IMG_3317_convert_20221113070446.jpg

↓こちら、かなり大きなカンバスです。
このサイズは睡蓮の連作が多く、また有名ですが、こちらは藤の花です。
淡い色彩が素敵。
IMG_3324_convert_20221113070418.jpg

↓ミッチェルの作品。
ノータイトルだったかしら?
IMG_3327_convert_20221113070352.jpg

↓モネの作品。
上のミッチェルの作品と並んで展示されていました。
このモネの作品は「柳」を描いたもの。
ジベルニーの家の庭に柳が植えてあるのです。
睡蓮同様、柳もモネの題材としてよく描かれていました。
IMG_3330_convert_20221113070323.jpg

今回の展示会、かなり見ごたえがありました。
ミッチェルは今回初めて知った画家で、なかなか面白かったです。
また、モネでも、今まで出会ったことのない作品を数多くみることができたし、ミッチェルと並べて展示されていることによって、今までとはちょっと違った視点で鑑賞することができました。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

M@lauaealoha  

ミッチェルさんの絵を見るとなぜかケン・ドーンを思い出します。
日本の美術館とか博物館ではアーティストの絵などをデザインした
タオルとか手拭いがよく販売されていますが
ミッチェルさんの手拭いがあったら買ってしまいそうです。

2023/06/01 (Thu) 05:34 | EDIT | REPLY |   

montresor2007  

こんにちは。

例のヴィトン財団ですね。
私もミッチェル存じ上げなかったです 勉強になります。

この間行った展示会もシャネルとローランサンでしたので
この様にコラボで作品を展示するのもまた違った楽しみ方ですね。
展示の仕方もいいですね素敵な空間。

モネ・・・・・いいですね羨ましい。
秋の展示会まで私は観れないので楽しみにしています。

2023/06/02 (Fri) 04:12 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

ミッチェルの作品は色遣いや筆遣いに力強さがありますね
モネが晩年、白内障を患った話は知ってますが、お二人の作品を比較しても、色合いも違うし、静と動と個性がでてるなと感じました
私はやはりモネの淡い色彩の絵が好きですが、二人の作品を比較すると、同じ柳でもこれほど違うのかと興味深いです

2023/06/02 (Fri) 12:46 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
連コメ、ありがとうございまs。
ミッチェルさんの絵画、大きなサイズで迫力があって、かっこいいです。
ミッチェルさんの絵画の絵葉書はブティックで売っていたような・・・
さすがに手ぬぐいはないですね~。笑

2023/06/12 (Mon) 14:42 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

montresor2007さま
こんにちは。
ご返信が遅れてごめんなさい!
ファッションブランドが展覧会をするのって、近年増えてきましたね。
ヴィトン財団は結構面白い展覧会を開いてくれるので、うれしいです。
モネ、いいですよね~。
私はオランジュリーがやはり大好きです。

2023/06/12 (Mon) 14:45 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

Yottittiさま
こんにちは。
ご返信が遅れてごめんなさい!

ミッチェルさんの絵画、大胆で迫力がありますよね。
最初、男性の画家さんかと思いました。
連作もいろいろあって、素敵でした。
モネと同じような題材を描いていても、画風が違うと、絵もかなり異なりますよね。

2023/06/12 (Mon) 14:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply