fc2ブログ

リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

2023年8月クレタ島1日目⑤

こんにちは。

2023年8月クレタ島旅行、続きです。

考古学博物館の見学を続けましょう。

↓紀元前1700年から1600年ごろの壺。
ユリの花が装飾に描かれています。
ユリの花はクノッソス宮殿の壁画にもよく使われていたテーマです。
IMG_6078_convert_20230906173018.jpg

↓タコが描かれた壺。
このタコ、かわいくないですか?
IMG_6079_convert_20230906173055.jpg

↓この考古学博物館の目玉展示品の一つ、ファイストス遺跡から出土した円盤。
ミノア文明では3種類の文字が使われていたようですが、この円盤に書かれている文字はまだ解読されていません。
IMG_6080_convert_20230906173128.jpg


↓マリア遺跡から出土したワインをつくる道具たち。
紀元前1800年から1700年ぐらいのもの。
写真の右上、これでブドウの汁を絞って集めたんでしょうね。
左はワインを貯蔵する壺でしょうか。
ミノア文明ではワインは日常生活に欠かせないものだったようです。
IMG_6082_convert_20230906173204.jpg

↓紀元前1350年から1300年ぐらいのフレスコ画。
兵隊が走っている姿。
ミノア人の隊長の後を、黒人二人が走っています。
黒人はおそらくアフリカからの傭兵ではないかと考えられています。
IMG_6084_convert_20230906173318.jpg

↓破損が著しく、見にくいかと思いますが、牛の背を上を飛ぶ競技の様子が描かれているようです。
この牛の背を飛ぶ競技はクレタ島では当時、盛んだったようです。
IMG_6083_convert_20230906173244.jpg

↓女性の頭の焼き物がたくさん!
当時の女性の髪形を知る資料となっています。
いろいろな髪形を当時から楽しんでいたのですね!
結構凝った髪型なのにはびっくりです。
IMG_6088_convert_20230906173351.jpg

博物館見学、まだまだ続きます。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

M@lauaealoha  

こんにちは

ユリの花の絵のツボには花を活けて
タコの絵のツボにはタコの塩漬けを入れていたのかしらなんて
いろいろと想像したくなるようなものばかり!
女性の頭の焼き物は今でいうヘアカタログの代わりだったとか!?
想像をめぐらしながら見学したくなりそうです。

2024/02/24 (Sat) 03:10 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

当時からワインがつくられ、楽しまれてたとは、生活の知恵で受け継がれてきたのですね
感慨深いです
フレスコ画からも、人々の生活ぶりや、競技もギリシャから始まったし、歴史もわかるようで興味深いです
そして女性の髪形がわかる焼き物、おろした髪型だと思ってましたが、当時から髪の毛を結っていたというか、おしゃれを楽しんでいたのですね

2024/02/25 (Sun) 12:05 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
こんにちは。
展示品、保存状態が良いため、絵柄もしっかりわかって想像がつきません。
当時の様子が目に浮かぶようですよね。
ヘアースタイルがとてもおしゃれなのにはびっくり。
たくさんの女性の頭の彫刻、いったい何のためだったんでしょうね。
Mさんのおっしゃるように、カタログだったら楽しいですよね。

2024/02/26 (Mon) 09:38 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

Yottittiさま
こんにちは。
ワイナリーでお聞きした話なんですが、古代では水は飲料水としては安全ではなかったため、食当たりの心配がないワインがよく飲まれていたそうです。
なるほどなと思いました。
フレスコ画や女性の像など、当時の生活様式を知る手掛かりになる出土品の保存状態がとてもよく、見ていて想像するだけで時間が経ちました。

2024/02/26 (Mon) 09:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply