リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

ポルトガル23

8月は日本からじぃじとばぁばをフランスに連れて帰ってきて、みんなでポルトガルに行きました。

第8日目
エストイ宮殿でランチの後は、サン・ロレンゾ教会に行きました。
この教会はアズレージョで有名です。
アズレージョはポルトガルのいろいろな建物壁面に使われている青色の絵で飾られたタイルのこと。
この教会はなんと内部が前面アズレージョでできているんです。
アズレージョで有名なポルトガルといえども、このような教会は珍しいので行ってみました。

外観はこんな感じ。
青い空に真っ白の壁面が非常にまばゆいです。
DSC03962_convert_20150128235628.jpg

さて、いよいよ屋内へ。
残念ながら教会内は撮影禁止。
入り口のところで教会の絵葉書を売っています。

教会内の様子は絵葉書をスキャンさせていただきました。
このように一面が青い絵付けをしたタイルでできています。
聖書の場面が、普通の教会はステンドグラスや彫刻でできているんですが、ここはすべてアズレージョです。
Sao-Lourenco-dos-Matos_convert_20150129001900.jpg

あまりの細かい作業に圧倒されます。
壁面のタイルを焼き上げるまでに、一体どれだけの時間がかかったんでしょうね・・・

教会を見学した後はホテルに戻ってお昼寝タイム&プールでまったり。

この日の夕食はビュッフェ・レストランではなく、アラカルト・レストランに挑戦です。
じぃじとばぁばは洋食が苦手なので普段は好きなものを選べるビュッフェ・レストランに行ってましたが、一度ぐらいはアラカルトにも行ってみたいと思い、最初はあまり乗り気でなかったばぁばを説き伏せて、アラカルトレストランに行きました。

アラカルト・レストランは予約制です。

席に案内されて、料理とドリンクをオーダー。
せっかくなのでポルトガルのロゼを注文してみました。
DSC03979_convert_20150128235822.jpg

こちら前菜。
また、チーズののったカルパッチョを注文する子供。
(どこのレストランでもこれがあるときは必ず注文している。汗)
DSC03984_convert_20150129000034.jpg

トマトとモッツアレラ。
DSC03981_convert_20150128235924.jpg

メインの鶏の胸肉。
DSC03987_convert_20150129000328.jpg

サーモンのパイ。
DSC03986_convert_20150129000130.jpg

バジリコソースのラビオリ。
DSC03988_convert_20150129000429.jpg

こちらデザートのリンゴのタルト。
DSC03990_convert_20150129000530.jpg

チョコレートケーキとチョコレートアイスクリーム。

DSC03991_convert_20150129000618.jpg

フルーツサラダ。
DSC03993_convert_20150129000750.jpg


ばぁばは自称洋食苦手ですが、バルサミコ酢も「ちょっと甘い酢がかかっている」と言ったら大丈夫だったし・・・
結局は先入観の問題のようです。
このレストランのお料理も「まあ、おいしかった」そうです。

こうして少しずつ洋食にも慣れてくれるとありがたいです。



関連記事
スポンサーサイト

Comments 10

M@lauaealoha  

こんにちわ

絵葉書の画像をみて、もっと大きいのを見たくなって検索してみました。
1枚1枚違う絵のタイルを貼って大きな1枚の絵にしてあるんですね!
気の遠くなるような作業の繰り返しだったでしょうね…

ウチの両親も知らないモノには手をだしたがりません…
年を取るとガンコになるものなんですねー(^_^;)

2015/01/29 (Thu) 02:00 | EDIT | REPLY |   

mon tresor 2007  

こんにちは。

教会 美しいですね~。
これは 見たいですね・・・・

私の両親も 洋食苦手ですよ 笑。
父も「箸 欲しい」とか言いますし。
結局 食べ終わると 美味しかったと言うのですがね。

お料理 特に デザート美味しそうが。
今 甘い物が無性に食べたくなりました 笑。

2015/01/29 (Thu) 05:46 | EDIT | REPLY |   

ぴき  

あっ、ここ行ってみたい!

青いタイル(と青いストライプのシーツ)がめちゃ好きな私です!!!

2015/01/30 (Fri) 05:00 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

サン・ロレンゾ教会のアズレージョ素敵ですね
イスタンブールの教会ではイズミックタイルがきれいだったのを思い出しました
キリスト教では珍しいですよね?

やはり洋食はナイフとフォークのイメージがあるから、うまく使わないとって抵抗があるのでしょうか
父も朝はパン、お昼は麺、夜は絶対にご飯がなくては嫌だと言ってた時がありました
今はずいぶん柔軟になりましたが、どこのご両親も同じようでほっとしました

2015/01/30 (Fri) 05:09 | EDIT | REPLY |   

高兄  

rikaさん、こんにちは

ポルトガルのロゼですか

お料理は、オーソドックスに美味しそうですが

ちょっと、ロゼの御味に興味深々

今日はヴァレンタイン特設会場で

大好きな、ジャック・シュナンとミシェル・ブランのアソートを購入

美味しいけど・・・やはり日本は高い

9個入りのボンボンが、どちらも、3000円しますから~いやはや^^;

2015/01/30 (Fri) 12:45 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
こんにちは。
返信が遅れてごめんなさい!
アズレージョ、すごくきれいでした。
タイルを一枚ずつ手書きして焼いて・・・
すごい作業ですよね・・・汗
その分、すばらしい仕上がりです。

やはり年寄りは慣れた物じゃないとだめなようです・・・

2015/02/01 (Sun) 18:30 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

mon tresorさま
こんにちは。
教会、すごくきれいでしたよ~。
こんなアズレージョの内部、初めて見ました。

あの年代の人はやはりお箸がほしいですよね・・・
毎回、お箸をもって旅行に行こうかと思いつつ、忘れて出ます。
最近は慣れてきたようです。

2015/02/01 (Sun) 18:32 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

ぴきさま
連コメありがとうございます。

これだけの規模のアズレージョ、初めてです。
迫力ありましたよ~。

2015/02/01 (Sun) 18:35 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

yottittiさま
こんにちは。
イスタンブール、行かれたのですか~。
うらやましいです。
私も数年前、衝動旅行で行きたいと思っていろいろ調べたのですが、フライトが予約できずあきらめました。
でも、最近、あのあたりもなんとなく物騒な感じなので当分行けそうにありません。涙
やはり思いついたときに行くのが一番ですね!

最近はじぃじとばぁばもこちらのバカンスに慣れてきたみたいで、少しこちらの食事にも慣れてきたみたいです。

2015/02/01 (Sun) 18:39 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

高兄様
こんにちは。
さすがに今となってはロゼがどんなお味だったかははっきり覚えてませんが、軽めで飲み易かった記憶があります。

高級ショコラ、お高いですよね~。涙
私も、この間メゾン・デュ・ショコラで2箱買ったとき、家族でレストランに行けるようなお値段になってしまいました。汗

2015/02/01 (Sun) 18:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply