リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

ヴェネチア~第3日目②

こんにちは。
ゴンドラを楽しんだ後はサン・マルコ広場へ。
P1090137_convert_20151104010255.jpg
今回ヴェネチア滞在中に何度も訪れましたが美しいです。
朝8時ぐらいだとまだ人がまばらですが、それ以降はすごい人です。
ため息の橋も見て・・・
昔、ドゥッカーレ宮殿で裁判に掛けられて、運河の向こう側の牢獄に送られる囚人が、この橋の上から最後にヴェネチアの景色を見てため息をついたことからこの名前がつけられたとか。
囚人の通る橋とは思えない優雅な装飾です。
逆にシャバの人間が橋を見てため息をつきそう・・・
P1080981_convert_20151104051846.jpg
サン・マルコ広場を一周したら、カフェでお茶をすることに。
先日から一度行きたいと思っていたカフェ・フローリアンへ。
カフェの前にはテラス席があり、音楽の生演奏を聴くことができます。
もちろん生演奏を聞きたいのでステージの近くに。
すぐ横にはサン・マルコ寺院が。
美しいです。
P1090138_convert_20151104010410.jpg
ファサードにはベネチアの象徴である羽のはえたライオンが。
P1090166_convert_20151104010624.jpg
こちらも正面のモザイク装飾。
P1090167_convert_20151104010718.jpg
こちらも。
美しくてため息がでそう・・・
P1090168_convert_20151104010811.jpg
こうした景色を楽しみながらお茶をしようと席に着くとウエイターさんがメニューを持ってきてくださいました。
その際、一人に付きテーブルチャージが付くと言われました。
ヴェネチアってどのお店もテーブルチャージが付くのですね。
でも、このカフェは音楽の生演奏もあるのでチャージもちょっと高めです。
ばあばがトイレに行きたいと言うので、チラッとカフェの中に行ったのですが、店内を観てびっくり。
まるでどこかの宮殿のような絢爛豪華な内装です。
夏だし音楽も聴きたかったので外のテラス席にしましたが、冬や雨の日は屋内のサロンでお茶をしてみたいです!
メニューに書いてあったんですが、ここは創業1720年だそうです。
すごい歴史ですね。
常連客も歴史的著名人がたくさん。
その中にはドイツの文豪ゲーテも。
テーブルには「若きウエルテルの悩み」の一説が。
P1090194_convert_20151104011351.jpg
私とばあばはカップチーノ。
P1090178_convert_20151104010906.jpg
主人はホットチョコレート。
P1090179_convert_20151104011003.jpg
子供とじいじはジュースを飲みながら、しばし景色と音楽を楽しみます。
この楽隊の方々、私たちが席についてしばらくすると、さりげなくこちらに目配せをしながら「上を向いて歩こう」を演奏してくださいました。
曲が終わると、楽隊の方に「私たちがよく日本人だとわかりましたね。日本の曲を演奏してくださってありがとう!」という気持ちをこめて手を少し上に上げて楽隊の方にもよく判るように拍手をしました。
それを見て楽隊の方々は軽く会釈をしながら微笑み返してくださいました。
P1090144_convert_20151104010508.jpg
周囲にはたくさんの他の観光客の方がたくさんいらっしゃったのですが、この瞬間はまるで私たちと楽隊の方しか存在していないかのような感覚です。
ほんの少しのジェスチャーでお互いの意思を伝えあうことができた瞬間。
心が温まります。
しばらくすると今度は「瀬戸の花嫁」を演奏してくださいました。
ばあばは遠くイタリアに来てこうして日本の曲を演奏してもらえてとてもうれしそう。
いくら仕事とは言え、楽隊の方の心遣いがとてもうれしいです。
曲が終わると、私はまた「ありがとう」の気持ちをこめて手を上に上げて拍手をします。
しばらくして、私たちは昼食のレストランを探しに移動することにしました。
もっと音楽を聴いていたかったのですが、仕方ありません。
音楽の終わり目に席を立って、カフェを後にするときに最後にもう一度楽隊の方に向かって拍手をしました。
私の気持ちが伝わったようで、皆さんがさりげなく会釈をしながらこちらに挨拶をしてくださいました。
旅のほんの些細な一場面ですが、ヴェネチアで印象に残っているシーンです。
楽隊の方とは言葉をまったく交わしてはいないけれど、音楽を通じて少し対話を楽しんだような気分でした。
PS/ドリンクとテーブルチャージで合計1万円ぐらい(超えていたかも・・・)していました。
去年ヴェネチアに行った在仏日本人の友人もブロ友さん達も、皆さんベネチアは高いとおっしゃっていたのですが、このことだなと納得。
でも、歴史のあるカフェで音楽を聴きながら素敵な体験をさせていただいたのでとてもよかったです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

mon tresor 2007  

お早うございます。

私もため息です~笑。
生演奏のお話も旅の思い出ですね
本当によく日本人だとお分かりになられましたね 嬉しいですよねお心遣い。

あっ でも最後のオチが 笑。
1万円ですか!パリでもお高くでビックリ
でしたが なかなかのお茶価格ですね。
行く機会がありましたら 覚悟して←大袈裟
お茶を楽しみたいです♪

2016/02/05 (Fri) 01:17 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

ソフトドリンク6人分とチャージで1万円ですか…(;^_^A
ヴェネツィアの物価、相当高いみたいですねー!
とはいえ、日本の曲を演奏してくれるサービスで
ご両親がお喜びならよかったですねー。
ほかの国の曲も演奏してくれるのでしょうか?
異国で聞く日本の歌謡曲、ノスタルジックな気分になりそうです。

2016/02/05 (Fri) 02:50 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re:

mon tresorさま
こんにちは。
このヴェネチアのカフェは有名だし生演奏なので、テーブルチャージが高いのは仕方がないなと思いました。
でも、その分、楽隊の方にはお気遣いいただき、良い思い出となりました。
景色も良かったし、雰囲気も楽しめたので、お値段の方は仕方がないと思います。
まあ、毎日通うわけじゃないですからね〜。
常連にはなれませんね〜。笑

素敵なので、ヴェネチアに行かれたら、ぜひ覗いてみてください。

2016/02/05 (Fri) 09:29 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re:

Mさま
こんにちは。
テーブルチャージが確か8ユーロぐらいだったかな?
コーラなどもそのくらいしていたような…
ホットチョコレートは15ユーロぐらいだったと思います。
一人2000円ぐらいだったような気がします。
違っていたらごめんなさい。

でも、楽隊の方と意思疎通も出来て、素晴らしい時間を過ごしました。

2016/02/05 (Fri) 09:34 | EDIT | REPLY |   

高兄  

rikaさん、こんにちは

サン・マルコ広場

早朝の人が居ない時間とか

散歩したら

きっと、神秘的な気分になるでしょうね^^

2016/02/05 (Fri) 22:49 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

高兄様
サンマルコ広場、早朝だときれいな写真が撮れますよ。
昼間だと人が多すぎて、たくさんの人が写真に入っちゃいますからね~。
朝8時ぐらいならまだ人もまばらでした。

2016/02/06 (Sat) 09:33 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

運河はどこも絵になりますね~
サンマルコ寺院もベネチアの象徴で威厳があり素敵ですよね

お茶をいただきながら生演奏っていいですよね
そのうえ、粋な計らいで日本の曲を演奏してくれたなんて~、一生忘れられませんね
その想いがうれしいですよね

2016/02/06 (Sat) 12:25 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

yottittiさま
こんにちは。
今回はサンマルコ寺院も何もかも、外観しか見れませんでした。汗
いつかまたヴェネチアを訪れて、内部も見学したいです!
カフェは生演奏がすごく素敵でした。
おっしゃるとおり、楽団の方の心遣いがすごくうれしかったです。

2016/02/06 (Sat) 18:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply