リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

フォンテーヌブロー城

こんにちは。
今日もご訪問ありがとうございます!

この間の日曜日にパリ郊外のフォンテーヌブロー城へ行ってきました。
パリ郊外のお城というと皆さん思い浮かぶのはヴェルサイユだと思うのですが、このフォンテーヌブロー城もユネスコの世界遺産です。
とはいえ、私もヴェルサイユには何度も行っていますが、フォンテーヌブローは初めてでした。

こちら、正面入り口。
P1040313_convert_20160208214017.jpg

この正面の階段は馬蹄の形をしています。
P1040319_convert_20160208214156.jpg

フォンテーヌブローはルネッサンスの父といわれるフランソワ1世が建てたお城です。
その後歴代の王が住んでいましたが、ナポレオンが愛したお城としても有名です。
そのため、お城の一部は現在はナポレオン博物館として遺品が展示されています。

ではまずは、ナポレオン博物館から見学しましょう~。
壁にはナポレオンの肖像画やジョゼフィーヌ皇妃の肖像画が飾られています。
P1040328_convert_20160208215729.jpg

P1040336_convert_20160208214312.jpg

これこれ!
よくナポレオンがこんな服着ていましたよね!
こうした遺品を見ると、実在の人物だったんだな~と実感がわいてきます。
P1040337_convert_20160208215801.jpg

さて、それではメインのお城の部分の見学に行ってみましょう~。
P1040354_convert_20160208214429.jpg

フォンテーヌブローのお城はルネッサンスの父、フランソワ1世が建てたため、ルネッサンス様式が目立ちます。
こちらフランソワ1世の回廊。
天井が緻密な木細工でできています。
P1040371_convert_20160208214642.jpg

窓からは庭園が見えます。
ヴェルサイユよりの前の時代の庭なので、ちょっとイギリス庭園っぽいですね。
P1040372_convert_20160208214741.jpg

晩餐会の広間。
中央奥には大きな暖炉があります。
P1040386_convert_20160208214959.jpg

建物のいたるところにフランソワ1世のイニシャルであるFの文字が飾られています。
フランソワ1世はイタリアからフランスにレオナルド・ダ・ビンチを招いたことでも有名です。
P1040374_convert_20160208214835.jpg

その後、歴代の王が改造したり、改築して行ったので、色々な様式の建築が見られます。

ヴェルサイユのような絢爛豪華な装飾も見られます。
と思ったら、こちらマリー・アントワネットの寝室。
普段マリー・アントワネットはヴェルサイユ宮殿に住んでいましたが、狩りの時には王と一緒にこちらに滞在していたそうです。
P1040410_convert_20160208215125.jpg

皇妃の寝室とか。
皇帝の寝室も見られます。

こちら、ナポレオンの玉座。
P1040415_convert_20160208215834.jpg

細部はこんな感じで、ナポレオンのエンブレムの鷹とイニシャルのNが見られます。
P1040417_convert_20160208215903.jpg

皇帝の小寝室なんていうのもあります。
P1040423_convert_20160208215245.jpg

シャペル。
P1040437_convert_20160208215340.jpg

ヴェルサイユ宮殿とはまた違ったよさがあるので、パリのリピーターの方はぜひフォンテーヌブローも見学してみてくださいね!

関連記事
スポンサーサイト

Comments 10

mon tresor 2007  

こんにちは。

リカさんも初めて行かれたお城なのですね。
こういうのを見ると また 行きたくなりますね 笑。

ナポレオン博物館があるのですね!
見所沢山 週末に行ける距離なのが羨ましいです。

美しいお城ですね・・・・
皇帝の小寝室 うたた寝できないです
こんな豪華なお部屋で 落ち着かなくて 笑。

2016/02/10 (Wed) 07:13 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

ワタシのなかではレオナルド・ダ・ヴィンチは奈良時代くらいの人で
ナポレオンも鎌倉時代くらいの人のイメージでした。
奈良時代に飛行機理論を考えていたなんて天才!と思っていたら
意外に室町時代くらいの人だったんだ…とビックリ(笑)
とはいえ、室町時代に飛行機のことを考えるってやっぱり天才!

ナポレオン博物館にもなっているお城
すごく魅力的ですね!
いつかは行ってみたいところがたくさんありすぎて困ります…

2016/02/10 (Wed) 08:46 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

mon tresorさま
こんにちは。
フランス、見所本当たくさんありますよね~。
でも、住んでいるとかえってあまり行かないものです。
いつでも行けると思うと腰が重くなってしまいます。

寝室、豪華ですよね。
きっとお付の人もいたのだろうから・・・落ち着いて寝てられませんよね。汗
でも、歴史上の人がここに住んでいたと想像すると、すごいな~と思います。

2016/02/10 (Wed) 10:14 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
連コメありがとうございます。
レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品の数々は確かミラノの博物館に展示してあったと思います。
(行くところが増えてしまう?笑)
生まれたのはフィレンツェ。
フランソワ1世に招かれて晩年をフランスで過ごしたダ・ヴィンチはロワール河の古城の一つアンボワーズ城の近くに住んでいました。
モナリザはルーブルに展示してあるし・・・
ダ・ヴィンチの足跡をたどるだけでも、色々なところに行かなければなりませんね~。

2016/02/10 (Wed) 10:28 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

馬蹄形のエントランスが特徴があって、目をひきます
ベルサイユ宮殿も豪華絢爛で素敵ですが、さすがフランスの栄華をしのばせるお部屋の装飾ですね
やはりベルサイユよりは行きにくいところなのでしょうか~
マリーアントワネットにナポレオンが実際に滞在してたと思うとわくわくします~

2016/02/10 (Wed) 15:00 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

yottittiさま
こんにちは。
ヴェルサイユもすごいですが、ここフォンテーヌブローも見ごたえがありました。
有名な歴史上の人物が実際に住んでいたところだと思うと、余計に感動します。
ルネッサンスの装飾はヴェルサイユには無いので、これも興味深く見学できました。

パリのリヨン駅から直通でフォンテーヌブローまでいけますよ。
片道40分ぐらいのようです。
ヴェルサイユほど混まないので、機会があったら行ってみて下さいね。

2016/02/10 (Wed) 15:56 | EDIT | REPLY |   

キュウ親  

フォンテーヌブロー城、
立派なお城を楽しめるだけでなく、
ナポレオンゆかりの品々も見られるのですね!!
軍服のコート、かっこよくて
現代でも充分に通用するデザインかも♪

次にパリに行ったら、訪れてみたいです!

2016/02/11 (Thu) 05:43 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

キュウ親様
こんにちは。
フォンテーヌブロー、ナポレオンの遺品も多く面白かったですよ。
パリ近郊のお城というとついついヴェルサイユになっちゃいますが、フォンテーヌブローも見ごたえありました。
さすがに規模的にはヴェルサイユほどは無いんですが、既にヴェルサイユを見ている人にはお勧めです。

2016/02/11 (Thu) 08:41 | EDIT | REPLY |   

タヌキ猫  

rika3377さん、こんばんは♪

フォンテーヌブロー城ステキですよね~♪
タヌキ猫はツアーと個人とで2回行っています。

フランス史が分かるお城ということで、
歴代国王が修復したり、継ぎ足していった部分が垣間見えるんですよね♪
 (絵画の枠の一部を壊して、新しくドアを新調していたりとか)

そういうのも見れたりして、オモシロいお城です♪

タヌキ猫でした。

2016/02/15 (Mon) 15:28 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

タヌキ猫さま
こんにちは。
フォンテーヌブロー、2回も行かれているんですね!
すごいです~。
そうそう、歴代の王が長い年月をかけて付足していったから、建築様式が色々なんですよね。
そこがまた、面白いですよね。
私はやはり、フランソワ1世の回廊に感動しました!

あと、ナポレオンの帽子とマント。
よく絵画のナポレオンがこれを着てこの帽子を被っているんですよね。
「本当にこれ着てたんだ~!」と実感してテンション上がりましたよ!笑

2016/02/15 (Mon) 20:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply