リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

ヴェルサイユ宮殿~その2

ヴェルサイユ宮殿の続きです。
*参照「ヴェルサイユ宮殿~その1」
よろしければ音楽スタートお願いいたします。



ラモー作曲のオペラ「カストール・エ・ポリュックス(ディオスクーロイ *ギリシャ神話に登場する双子の兄弟)」から抜粋。某有名映画のサウンドトラックにも使われていたのでご記憶の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ラモーはヴェルサイユ宮殿全盛期の18世紀に活躍したフランスの作曲家です。
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]


さて、ヴェルサイユ宮殿の見学ですが、チケットは宮殿と大トリアノン、小トリアノンすべてに有効(ただし、庭園内シャトルバス、夏のスペクタクル等を除く)のパスポートと、宮殿のみのチケットがあります。
お時間がある方はパスポートを購入されて、トリアノンも見学されることをお勧めします。

混み具合にもよりますが、移動含めて、宮殿のみで約半日、離宮等も見学される際は、丸一日ぐらいみておかれたほうがよいと思います。

さて、メインの宮殿ですが、それはゴージャスでございます。
パスポートをご購入の方は、オーディオガイドも料金に含まれていますので、入り口で受け取ってください。

宮殿内はもちろん見所がたくさんあるのですが、王妃の寝室は見所の一つでしょう。
この時代の人は今よりも小柄だったんですね。
ベッドが思ったよりも小さいんだなという印象を受けました。

ここがマリー・アントワネットの寝室だったのかと思うとドキドキしますね~!

ヴェルサイユ4


王妃の寝室から少し離れたところに国王の寝室があります。
羽飾りや金の装飾。さすが、当時ヨーロッパでも強国であったフランスの国王の寝室。
威厳がございます。

ヴェルサイユ5


さてさて、なんといっても一番の見所は鏡の間。
ただでさえ広い間が、壁面に鏡が飾ってあって一段と広く感じられます。
シャンデリアも、クリスタル製だそうで、とにかくきらびやかでございます。

ヴェルサイユ6


着飾った貴婦人や殿方がこの広間をご利用になっていた時代は、さぞかし、優雅で華やかであったに違いありません。

そんな様子を想像するだけでもため息が出ます。

宮殿は世界中からたくさんの観光客が訪れます。
特に観光シーズンはすごい人です。
出来れば午前中に宮殿の観光を済ませることをお勧めします。

関連記事
スポンサーサイト

Comments 4

イチゴッチ  

こんばんは!
今日もなんてステキなんでしょう!!
ため息が出るばかり・・・
パスポートもチケットも購入しないで、こんなにステキな宮殿を見学させて頂いて、申し訳ないような・・・ありがとうございます。
ぽちっ!

2010/02/20 (Sat) 14:56 | EDIT | REPLY |   

ゆうさん  

フランスパン

フランスに行って見たいのだ。。。
やっぱり。。。フランスパンを、まず食べなきゃね。。。。

2010/02/21 (Sun) 13:28 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

イチゴッチ様

いつもご訪問&応援ありがとうございます!
感謝です!!

もともと、いろいろなところの写真を私のパソコンの中で眠らせておくものもったいないと思い、他の方とシェアしたくてはじめたブログです。
私のブログで少しでも楽しんでいただければ、私はそれでとてもうれしいです!!

2010/02/21 (Sun) 16:12 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: フランスパン

雄三様

アメリカを経験してヨーロッパにいらっしゃると、やはり、街中に残っている歴史の重みに感動しますよ!
アメリカはアメリカでとても面白い国ですが、ヨーロッパは歴史の重みを感じます。

まずは、フランスパンでも食べてフランス訪問計画でもお立てくださいませ。

2010/02/21 (Sun) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply