リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

祝日の花火大会

こんにちは。

7月14日はフランスの革命記念日。
国民の祝日となっていて、毎年全国で花火大会が開催されます。
例年は子供は語学研修でいないので、私と主人は衝動旅行に行っていたりして自宅にいることは少ないです。

今年は子供の進学手続き等もあったため、自宅にいました。
子供が国民の祝日の花火大会を見たことがないというので、家族3人で町の花火大会を見に行くことにしました。

私たちの町では祝日の前日である7月13日の夜に花火大会がありました。
町を流れる川沿いが花火大会の会場です。
花火が打ち上げられる夜の11時近くになると、会場に向かう家族連れで道は賑やかでした。
サッカーの欧州選手権の開催が無事に終了した直後で、皆陽気で明るい雰囲気でした。

フランスはこの時期は日没が遅く、夜の10時近くになってやっと日が暮れます。


11時を過ぎると、私たちのいたところからほんの30mぐらいのところから花火があがりました。
ドカンドカンと音を立てて夜空に花火があがります。


主人と「そういえば昔は毎年この時期はコートダジュールにバカンスに行っていて、毎年海辺で花火を見たよね~」などと話しながら花火を見ました。

20分ぐらいで花火は終わりましたが、久しぶりに家族で花火を楽しめてよかったです。

このときは、まさか翌日、ニースの花火大会の会場であんな事件が起きるとは思ってもいませんでした。
7月15日の朝起きてニュースで知りました。

この事件をうけてフランスではまた3日間国喪でした。
私も3日間、ブログをお休みさせていただきました。
犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


関連記事
スポンサーサイト