リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

2016年西地中海クルーズ~第3日⑥

西地中海クルーズ続きです。

さて、夕食が終わった後、じいじ、ばあばと子供をキャビンに送り届けて・・・
私と主人は再度下船。
ライトアップされた船がとてもきれい~。
P1160913_convert_20161010215725.jpg

またまたシャトルバスに乗ってイビザタウンに戻ります。
夜の9時過ぎだったと思うのですが・・・
バスを待つ人の列が長いこと・・・汗
昼間より人がたくさん並んでいました。
2台バスがいたんですが、私たちの少し前の人で満席。涙
幸い、ほんの少し待ったらまた次のバスが来ました。
皆さん、やはり夜のイビザタウンに出かけるのですね~。

街についてびっくり。
昼間よりもずっと大勢の人が出てきていて、すごい人~。
写真じゃわかりづらいですが、こうして旧市街の上に昼間見た大聖堂がライトアップされて浮き出ている姿、その横にお月様ができいる風景、なんともいえない風情でした。
P1160924_convert_20161010215254.jpg

路地のレストランにも人が一杯。
P1160931_convert_20161010215903.jpg


夜遅いのにブティックも営業中。
夜は夜で雰囲気が違って素敵。
P1160943_convert_20161010215333.jpg

旧市街もライトアップされていて、昼間とは全く違った雰囲気。
そう言えば、ガイドブックに書いてあったわ~。
夜の旧市街散策はロマンチックだって。

お店をのぞきながら旧市街のほうへと歩きます。
昼間はどのレストランやカフェもことごとく閉まっていて、静だった旧市街。
ところが、夜はこの通り、ものすごい人。
レストランも大盛況のようです。
P1160937_convert_20161010220114.jpg

この様子を見てやっとイビザの本当の良さがわかってきました。
近くを歩いている人が携帯電話で話しているのが聞こえてきました。
レストランの予約をしようとされていたようですが・・・
夜の12時半まで満席だと断られていたようです。汗
確かにね・・・
周囲を見てもレストランは満席状態。
こんな風にライトアップされた旧市街のオープンテラスで食事ってやっぱり素敵~。
他所ではこんな雰囲気味わえないですよね~。

観光客の人はラフな服装の人もいれば、ワンピースにハイヒールでバッチリ決めた女性も・・・
それぞれの人が思い思いのスタイルでイビザを楽しんでいる感じです。
ハイヒールであのつるつるの石畳の坂を歩くのを想像するは、他人事ながら怖いです・・・

あ、昼間に来たブティックだ。
こんな時間でも店内はお客さんがいる様子。
さすがに昼間のマダムじゃなく、他の店員さんでした。
P1160960_convert_20161010215453.jpg

ほかにもおしゃれなブティックがたくさん・・・
P1160947_convert_20161010215415.jpg

イビザ、昼の静かな旧市街もいいですが、夜の顔も是非見るべきですね~。
のんびりと旧市街を散策して、またマリーナの方へと戻ってきます。

振り返るとライトアップされた城壁がきれいに見えます。
P1160963_convert_20161010215528.jpg

マリーナの方には露店がいろいろ出ていて・・・
イビザの風景画が目に留まりました。
P1160966_convert_20161010220314.jpg

ご自身で描いたというお兄さんと少し話をして・・・
じいじは絵が好きなので、海から見た旧市街を描いたものを一つ。
私たちにはイビザらしい花が飾られた家の窓を描いたものを一つ購入しました。
写真では見えませんが、白壁が本物の白塗りの壁と同じ感じの仕上がりになっていて、気に入っちゃいました。


すると・・・
すく横に有名クラブ「Pacha」のスタッフでしょうか。
ヒッピー風のバンドがレストランのテラス席の客を相手にビートルズのイエローサブマリンを演奏していて、異様に盛り上がっています。
P1160975_convert_20161010220429.jpg

そういえば、ガイドブックにも書いてあったな~。
夜が更けてくると路上がクラブと化してくるって。
P1160978_convert_20161010220611.jpg

通り行く人も立ち止まって、バンドの演奏を聴いて楽しみます。
なんだか、温かい雰囲気で心が和みます。
クラブといってもさすがヒッピーが育った島、ジェットセッターご用達の単に派手なクラブとは違うんですね~。
でも、さすがPachaはミネラルウォーターでも10ユーロぐらいするそうです・・・汗
あと20歳ぐらい若かったらクラブものぞいてみたんだけどな~。笑

この後シャトルバスに乗って船に戻ったのが夜の12時過ぎ。
キャビン戻ろうとしたら、船の入口でメインダイニングの私たちのウエイターさんにばったり。
「あ~、こんばんは。イビザタウンに行ってらっしゃったんですか~?私たちも今帰ってきたんですよ。」と私。
「いえいえ、今仕事を終えて今から行くところです。」とウエイターさん。
「楽しんできてくださいね~。」と声をかけてキャビンに戻りました。

イビザからのシャトルバス、確か夜中の2時ごろが最終だったような。
12時過ぎていても、イビザタウン行きのバスはコスタのクルーでかなり混んでいました。
皆さん、お仕事の後にフリータイムを楽しまれるのですね。
明日も朝早いから大変でしょうね~。
お疲れ様です。

関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

mon tresor 2007  

おはようございます。

夜に船がライトアップされてるの すごく素敵!
大きな船なので迫力もあるでしょうね。

昼間と雰囲気がガラリと変わりますね~。
人が多いのに驚きました。
これでしたら 恐くないですね💦
ブティックも夜遅くなで営業されてるのですね。
普段の生活で夜に出歩くことなんてないですから
旅行の時は楽しみたいですね♪

2017/01/29 (Sun) 23:47 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

TVで見た夜のイビサはナイトクラブの様子ばかりで
こんなにステキな雰囲気だなんて思いもよりませんでした。
オトナでも楽しめそうですねー。
朝から夜まで楽しめる島という気がします。

2017/01/30 (Mon) 02:15 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

街に停泊すると、夜の街も時間に追われることなく、探索できる楽しみがあって素敵です
ライトアップされた城壁が素敵です
昼間よりも増えた人々、すごいにぎわいで、どこから現れたのでしょう~
眠らない街を楽しみ人々でいっぱいですね

2017/01/30 (Mon) 07:47 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

mon tresorさま
こんにちは。
クルーズ船、本当に大きくて、すぐ近くにいると迫力あります。
夜のライトアップはまた雰囲気が違って素敵ですよね!

イビザは夜型なんでしょうね~。
昼間の顔とはまたまったく違った顔が楽しめました。
そうそう、普段は主婦が夜出歩いてなんていられませんからね。汗
主人と二人での夜のイビザ散策、楽しかったです!

2017/01/30 (Mon) 11:33 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
こんにちは。
イビザに関して、Mさんに全く同感です。
行く前は、「イビザなんておばちゃんには縁がないけど、まあクルーズ行程に入っているから、チラッとだけみてみましょう」と思っていました。
入ってみて印象ががらりと変わり、今回のクルーズで印象に残ったところの一つです。

2017/01/30 (Mon) 11:37 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

Yottittiさま
こんにちは。
そうなんですよ~。
昼の静寂とは打って変わって、夜は賑やかでした。
昼は皆さんどこにいらっしゃるのでしょうね?
きっと夜更かしされて寝ていらっしゃるか(笑)、ビーチでまったりじゃないでしょうか。
夜、これだけ賑わっているのを見て、午前中、城壁内では開いているカフェやほとんどなかったのに納得しました。

2017/01/30 (Mon) 11:44 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ご夫婦で夜の街に出掛けられるというのが素敵です^ ^
それに出掛けるだけのことはある、また昼間とは違った表情とは楽しみ方が多彩でやっぱり魅力的な島ということが分かります。
夜の外出が楽しめない所って、旅先としても魅力が半減してしまいますもんね^ ^

2017/02/02 (Thu) 10:20 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさま
こんにちは。
この手のクルーズって、いろいろな客層がのっていますが、新婚さんが多いのも納得。
かなりロマンチックな場面もたくさんありますもん。
でも、私たちには何人もおまけがついているので、今回こうして主人と二人で夜の街に散策に行ったのはとても良い思い出となりました~。
もう少し若かったらクラブ・デビューもしたんですけどね。笑

2017/02/03 (Fri) 09:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply