リカのパリ滞在記

ARTICLE PAGE

カマンベールと赤ワイン

こんにちは。
先日テレビでカマンベールチーズについての話がありました。
カマンベールはノルマンディー地方のカマンベールというところで作られているのですが、世界中に人気です。
その分、いろいろなカマンベールと呼ばれるチーズが市場に出回っているのです。

でも、カマンベールチーズって、AOPという制度で守られているのです。
だから、似たような商品がいろいろありますが、カマンベールの正式な呼称を使用できるのは、決められたところで、決められた製法で作る製品だけなのです。

AOPとは「保護原産地呼称」などと訳されていますが、要するに承認された商品じゃないとその商品名は使ってはいけないという制度です。

さて、カマンベールチーズのAOPで保護されている名称はCamembert de Normandie(カマンベール・ド・ノルマンディー)と言います。
ですから、実は単なる「カマンベール」はAOPで保護されている名称ではないため、極端な話、日本でカマンベールチーズの製法を使って作ったチーズもカマンベールと呼んでいんです。

でも、せっかくフランスにいるんだから本当のカマンベール・ド・ノルマンディーが食べたいわ~と番組を見て思いました。
その数日後、ハイパーに買い物に行ったとき、カマンベール・ド・ノルマンディーが売っていました。


箱にシールが貼ってあるので良く見えないかもしれませんが、ちゃんとCamembert de Normandieと書いてありますよ。
この真のカマンベールの特徴は、生乳で作られていること、そして手作業でお玉で発酵してきた乳をすくって型に入れることです。

こうして製造すると、他のものとどう違うのかと言うと・・・
生乳で作られているから、熟酵したら皮の色が違います。
そして、

臭いんです!


カマンベールに限らず、生乳で作られるチーズは熟酵したら匂います。
でも、チーズ好きにはこのとろとろのクリーミーで一味クセのあるところがいいんですよね~。

この日は、MOF(国家最優秀職人賞)のパン屋さんで、酵母パンとピスタチオとクランベリー入りパンを買ってきました。
チーズの塩気とクランベリーと甘さ、ピスタチオの香ばしさが、もうたまらなくマッチするんです。


こうなったらワインなしではいられません。
この日に主人が物置から出してきたのはサン・タムール2008年。
いい年をしたおばちゃんとおじちゃんがこんなワインを飲むのもなんですが・・・
というのも、このワインの名前、訳すと

「聖なる愛」
なんです~。

どうしてこんなワインが物置にあるかと言うと・・・
何年も前、ボージョレー地方に車で行った時に、素敵な名前だな~と思って箱買いしたからなんです。
おまけに生産者の土地の名前が「ドメーヌ・ド・パラディ」。
訳すと「天国の領地」と言う意味です。
美味しいチーズとワインでしばし天国にいるようでした~。


この日は週末で子供も家に帰って来ていたので、子供の大好きなカヌレをパン屋さんで買ってきました。
外はカリカリ、中はしっとりのやさしい甘さ。
美味しかったです~。


メゾン・ジョセフ・ドルーアン サンタ・ムール 750ml

新品価格
¥4,104から
(2016/11/15 19:35時点)





関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

Yottitti  

本当のカマンベール・ド・ノルマンディー、皮の色合いが違っておいしそう
やっぱり現地のものはおいしさが違います
チーズとワインは最高の組み合わせですね
ワインもおいしそうなネーミングで進みますね
最近は日本のワインも評判が良くなってきましたよ

2016/11/15 (Tue) 16:03 | EDIT | REPLY |   

ukuririn  

普通のカマンベールより色が濃いですね!見るからにワインに合いそうです。

ワインとチーズで天国に行けるなんて、酒飲みとしては至福の時なんじゃないでしょうか?(*^^*)

2016/11/15 (Tue) 19:25 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

カマンベールが匂うなんて!
そう思うワタシは本当のカマンベールを食べたことがないんですね。
いつかは本物のカマンベールを赤ワインと合わせて食べてみたいです。
そういえば、今年のボジョレーヌーヴォー解禁は明日(日本時間)ですねー。
今年はちゃんと飲まなきゃ!(笑)

2016/11/16 (Wed) 01:24 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

Yottittiさま
こんにちは。
食べごろまでうまく熟成されたチーズは現地じゃないと、なかなか難しいでしょうね。
特に生製品の場合、食品検査基準の問題もあり、生乳のチーズとなると輸入は難しいかと思います。

日本も最近、美味しいワインが増えてきたと評判ですよね。
私は最近日本のワインはいただいたことがないのですが・・・
次回帰国の際に飲んでみようかしら~?

2016/11/16 (Wed) 16:58 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

ukuririnさま
こんにちは。
このチーズ、熟成がかなり進んでいて、味もかなり強いので、ワインがあったほうが美味しくいただけると思います。
チーズとワインがお互いの味を高めあっていて、本当至極の時です。
明日はボージョレーヌーヴォー。
もうすでにチーズを買って準備しています。笑

2016/11/16 (Wed) 17:00 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさま
こんにちは。
輸入関係に詳しくないのですが・・・
アメリカは確か生乳のチーズを禁止していたと思います。
もしかしたら日本も禁止しているかも。
日本は食品基準がかなり厳しいですからね・・・
だとすると、日本では本当のカマンベールは食べられないと思います。
でもね、熟成が進んだカマンベールを冷蔵庫の中に入れてると、冷蔵庫も臭くなるんですよ~。爆
それでもやめられない私。

ボジョレー、明日ですよね。
私も買ってこないと!

2016/11/16 (Wed) 17:03 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

チーズが大好きなんです、私^ ^
少々臭いのも大丈夫。っていうかむしろ好みです。
外国にいるときの方が臭みをあまり感じず楽しめるような気がします。何故でしょう??
でもいただきたいのにフランスのお食事の後のチーズまで辿り着けないのがいつも悲しいんです。
今回は、本当のカマンベールについて知ることが出来ました^ ^

あ、先日はレストランでの皿数の考え方、教えていただいてありがとうございました^ ^
基本は間違っていなかったことが分かって良かったです♪

2016/11/17 (Thu) 09:52 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさま
こんにちは。
チーズ好きには臭いチーズってたまりませんよね。
お味が濃厚でおいしいですよね。
あの匂いがダメって言う人もいますが・・・
熟成が進んだあのトローリしたチーズが美味しいんですよね。
ワインにも良くあいます。

でもフランスでコース料理を食べてチーズまではなかなか辿り着きませんよね。
かなりの量です。

2016/11/18 (Fri) 09:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply